ミシンの梱包方法

1)ミシンの梱包・梱包材の準備

段ボール箱

ミシン本体を入れた時に前・後・左・右・上・下に少し余裕のあるダンボールが良いです。ダンボールサイズがピッタリ過ぎると、クッション材を少ししか入れられず、輸送中に衝撃が 加わったときにミシン本体が破損してしまうことがあります。

お家に丁度良い大きさのダンボールが無い場合、多くのお客様は、スーパー、ドラッグストア、ホームセンター等で無料で提供されている廃材ダンボールを 利用されております。

この様にする際には、ミシンの 幅・奥行き・高さ をメモして上記のとおり、少し余裕のある大きさの物を探してくださいね。

クッション材

エアクッション(プチプチ等)や、ボロキレ、新聞紙をクシャクシャに丸めた物など。

ガムテープなどの梱包用テープ

2)ミシンの梱包・送るものをチェック

送っていただく物

ミシン本体、電源コード、コントローラー、使っていた・針・糸・ボビン・ボビンケース、不具合の確認や、修理仕上り時の試し縫いの際に必要な押さえ金や機械など

【例】
ジグザグ縫いの確認を希望なら…ジグザグ押さえ、
ボタンホール縫いの確認を希望なら…ボタンホール押さえ、
刺繍縫いの確認を希望なら…刺繍機や刺繍枠など。

送らないでほしい物

ミシンに被せる、ケースやカバー
一度に多数の似たようなミシンを取扱・作業をする為、ミシン本体と違い、カバーに関しましては、 持ち主様には分かる目印等があるとしても、当社では、 他のお客様の物と区別がつかなくなることがありますので…

その他
取扱説明書、お客様が使用する予定のない押え金などは、お送りいただかなくても結構です。

3)ミシンの梱包・荷造りチェック・注意点

ダンボールとミシン本体間の隙間に入れるクッション材が少な過ぎ、ダンボールを揺らすと 中のミシンが動くような状態では輸送中にチョットした衝撃が加わっただけで、 ミシンに破損が生じてしまう場合もございますので、できるだけクッション材は多めに、 前・後・左・右・上・下に(揺らしてもミシン本体が動かないくらいに)詰めてください。

ミシン本体がダンボールの中に隠れる事になりますが、ミシン本体が通常通りの上下状態で輸送されるようにします。(寝かせたり逆さになって輸送されますとミシンは壊れ易いです)

箱の開口を上にみて、平たい(高さの低くなる箱、ミカン箱など)段ボールを使用する場合で、下の画像のようにミシンを寝かせて入れる場合でも、ミシンを使用するときと同じ状態で輸送されるようにしてください、

ダンボールのどこの面が上にくれば良いか分かるように天地無用や矢印のシールを貼るまたはマジックなどで上面が分かるように書いておく。(クッション材は多めに、 前・後・左・右・上・下に(揺らしてもミシン本体が動かないくらいに)詰めてくださいね)

重たいミシンの場合は、ダンボール底面の補強を行ってください。
(底面に厚紙、ダンボール板、木の板、などを敷く)

愛知ミシンへの電話相談
愛知ミシンへのご相談・お見積り依頼

愛知ミシン営業日カレンダー

2021年 9月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
2021年 10月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

店頭受付と出荷業務がお休みの日です